大和市で歯医者をお探しなら、こころ歯科大和クリニック

ブログBLOG

金属で出来た入れ歯?(金属床義歯)②

2017.03.01

院長です。

今日は金属床入れ歯のメリット・デメリットについてお話ししてみましょう。

034

【メリット】

・自費の入れ歯なので保険んにとらわれず規制なく自由な設計ができる←これが一番大きい

・保険の入れ歯に比べて断然に薄い(1/4~1/5程度)

・薄いので保険入れ歯より違和感が少ない

・薄いので食べやすい、話しやすい

・クラスプ(金具)を選択できるので、審美的金具(見た目)や機能的金具など選択できる

035

保険入れ歯の金具よりも目立たなくかつ、機能性と審美性に優れたクラスプ(金具)の設計も可能

 

・保険入れ歯に比べ歪みが少ないのでかみやすい

・保険入れ歯より強度があるので入れ歯の面積や厚みが少なくて済む

・金属は熱伝導性に優れるので、保険入れ歯よりも熱いもの冷たいものの感覚が早い→触感がよい

【デメリット】

・保険入れ歯に比べ安価ではない(金属床義歯は自費治療になります)

・インプラントにはかなわない(審美、違和感、咬むこと、話すこと)

 

このような感じでしょうか。

私は綺麗な見た目で機能もバッチリの入れ歯を患者様にご提供したいと常に思ってます。しかし、保険の入れ歯は安価ですが材料・製作方法を含め国の制約がかなり多いため、歯科医師や患者様が理想とする入れ歯を製作するのは、はっきり申し上げて難しいのが現状です。入れ歯を得意としている私ですが、保険治療の限界にいつも苦慮している毎日です。

 

逆にインプラントは便利です。スペースと条件が合えば咬める歯の実現が可能です。私もいままで何年も患者様にインプラント治療を行ってきました(今はインプラント治療はしていません)皆様「咬める!」「見た目が自然!」とお喜びになります。しかし、インプラントはリスクも高く、手術など大掛かりになりますし、治療後のアフターケアも自分の歯以上に注意しなければなりません。この辺りはHPの「インプランをやめて入れ歯に力を入れる理由」をご覧ください。

次回は総義入れ歯の金属床義歯と素材の違いについてお話しします。

 

神奈川県大和市柳橋の歯医者 こころ歯科大和クリニックでは金属床義歯(金属床入れ歯)を得意としております。

 

 

 

 

PAGE TOP