大和市で歯医者をお探しなら、こころ歯科大和クリニック

ブログBLOG

虫歯治療で麻酔をしますか?しませんか?

2017.03.13

院長です。

 

歯科治療で麻酔と言えば注射です。

002

実は私は注射が大の苦手です。それも受ける側のです(笑

 

患者様にできるだけ痛くなく麻酔注射するのは経験上できる方だと思いますが、自分が内科などで受ける防接種や血液検査の注射はできるだけ避けたい人なのです。やはり、痛い看護師の方と痛くない看護師の方がいますので、技術や経験の差なのかなと思ってしまいます。

 

まれに麻酔好きな方がたまにいますが、ほとんどの方は「麻酔をして治療します」というと、一瞬緊張されるのでわかります。できれば麻酔なしで痛くなく歯科治療を受けたい。でも麻酔のあの痛みや違和感も耐えるのが嫌だ!というのが伝わってきます。そこでこころ歯科大和クリニックでは歯科医師が麻酔が最初から必要な場合の治療(神経を取る、歯を抜く等)に関しては、患者様にご説明をして最初から麻酔を行っていますが、虫歯が微妙な深さや大きさの場合は選択制にさせていただいております。

 

「最初から麻酔をする」か「削ってみてしみる、痛い、耐え難い場合になってから麻酔をする」かです。

 

実際ほとんどの方が、「痛かったら麻酔をする」を選択されます。そしてほとんどの方が麻酔をせず治療を終了します。しかし、歯科医師側からすると実は麻酔をした方が楽なのです。大きいい虫歯小さい虫歯、とりあえず麻酔をしておけば痛みはないので患者様側も歯科医師側も楽なのです。ですが、麻酔薬も薬と一緒で副作用が出る場合があります。できればそのような薬物は体内に入れない方が私は良いと思いこのようにお伺いしています。

 

また、痛みの閾値も人によって様々というのも経験からわかっています。「こんなに削ったら痛いでしょう」という症例でも無麻酔で平然としている方。エナメル質(ほとんど歯の表層のみ)の虫歯をほんの少し削っただけで悲鳴を上げる方。様々です。もちろん精神的な安定をお求めになうのであれば最初から麻酔をした方が良いでしょう。

 

神奈川県大和市柳橋の歯医者 こころ歯科大和クリニックでは痛みができるだけ少なくなるよう、コンピュータ制御の自動麻酔装置を使用しています。

PAGE TOP