大和市で歯医者をお探しなら、こころ歯科大和クリニック

ブログBLOG

成人の8割が罹患している歯周病(歯槽膿漏)とその対策!①

2017.03.08

院長です。

今日は現在の日本の歯科界での一番の悩み歯周病(昔は歯槽膿漏と呼ぶのが一般的でした)のお話です。よくテレビCMで歯周病に効く!などと謳う歯磨き剤や歯ブラシ、マウスウォッシュなど、関連メーカーも最近は虫歯関連よりも歯周病関連の商品が多く目立つようになりました。歯周病は日本人の成人8割が罹患している国民病ですからね。

 

虫歯は厚生労働省の発表からも、昔と比べかなり減ってきているのですが、歯周病は逆に増えているのが現状です。歯周病菌は歯と歯茎の境目から体内に侵入していきます。大抵はしっかりとした歯磨きと免疫力によって対処できるのですが、免疫力が下がったり(加齢による免疫力低下や風邪をひいたり、疲れたりなど)すると歯周病菌の勢力が増します。また、歯磨きの仕方が悪かったりすると腫れや痛み、出血などの症状があらわれてきます。これは虫歯による抜歯が減った影響で残存する歯が増え、歯周病が増えている結果ともいえます。

 

歯周病の自覚症状は、はぐきの腫れです。それも自分でもわからないほどの腫れです。早ければ小学生から始まります。歯周病の初期は歯ぐきのわずかな腫れ程度で、大きな痛みや腫れはありません。歯磨きをしたらたまに出血することもありますが、そしてそれが20年から30年続きます。

※歯周病の進行速度や症状には個人差があります。

 

次回は歯周病の症状をお話しします。

 

 

神奈川県大和市柳橋の歯科医院 こころ歯科大和クリニックでは歯周病治療に力を入れています!

 

 

PAGE TOP