大和市で歯医者をお探しなら、こころ歯科大和クリニック

ブログBLOG

歯の神経を取ることのメリット・デメリット①

2017.03.19

 

院長です。

 

歯の神経(専門用語で歯髄といいます)ってどこにあるのでしょうか。

歯イラスト

 

歯の神経はどの歯も歯の中央付近にあります。それを象牙質という歯の大部分を構成している硬い組織が覆い、さらに私たちが見える面にはエナメル質という非常に硬い組織構造で守られています。

 

神経を取る場面で一般的に多いのが虫歯です。進行してしまい痛みなどの症状がでた場合ですね。神経を取ってしまえば痛みもなくなりますし、しみるようなことはありません。しかし、これは痛みを取り除くため仕方なく行う治療法で、神経を取ること自体は歯にとっては非常によくないことなのです。

 

神経を取った場合のメリット・デメリットを挙げてみます。

 

【メリット】

・冷たいものや熱いものがしみない

 

【デメリット】

・強度の低下

・歯の色が黒ずむ

・再度虫歯になっても気づきにくい

・神経を取った隙間からばい菌が入って化膿する可能性がある

 

メリットは知覚を感じ取る神経がないのですから、冷たいものや熱いものがしみるようなことはありません。一方デメリットでは、神経を取る際一緒にある毛細血管も摂ってしまうため、歯の栄養供給がストップしてしまうことです。それにより、歯の新陳代謝がなくなり徐々に強度が低下していきます。また、同じ理由から徐々に白色から黒ずんだ色に変化していきます。神経を取って治療をしても管理(歯磨き)次第ではまた虫歯になってしまいます。神経がないとしみる、痛いなどの知覚を感じないため、虫歯が相当進んでも気づかないこともよくあります(神経を取って被せた歯でも虫歯になります)神経を取ったあとにはお薬を詰めて密封しますが、微細な隙間があったりするとそこからばい菌が歯の内部に侵入し、根の先端で増殖し腫れたり痛みがでてしまうことがあります。

 

【神経を取ってしまった後のトラブ解決法は?】

 

歯の黒ずみはホワイトニングや差し歯を施すことで解決します。虫歯になっても気づきにくいに対しては適切なブラッシングと歯科医院でのメンテナンス。神経を取った隙間からばい菌が入ってしまった場合には再治療でばい菌を除去する。強度の低下はコア(土台)を歯の中に入れ補強します。素材は金属、プラスチック、グラスファイバーなどがあります。

 

次回は神経を取ってしまった歯に起こりがちなトラブルについてお話しします。

 

 

 

神奈川県大和市柳橋の歯医者 こころ歯科大和クリニックではできるだけ神経を取らないよう努力して治療しています。

 

 

PAGE TOP