大和市で歯医者をお探しなら、こころ歯科大和クリニック

ブログBLOG

歯がしみる!これって虫歯?知覚過敏症の治療方法①

2017.03.25

院長です。

 

「知覚過敏症」この言葉を皆さんご存知かと思います。よく歯磨き剤のテレビコマーシャルで耳にしませんか?

 

【知覚過敏症って?】

 

知覚過敏

知覚過敏症は虫歯ではないのに、虫歯の時のように歯が冷たい水がしみたりする症状のことをいいます。

主な症状はいくつかあります。

 

・冷たい飲み物がしみる

・寒い日に深呼吸をしたとき外気でしみる

・咬むとチクッ、ピリッとする

・甘いもの特にチョコレートなどを食べた時しみる

・歯ブラシをかけた時チクッ、ピリッとする

 

原因は歯の内面の象牙質が表に露出したことにより、外からの刺激を遮断できず中の神経に伝えてしまうために起こります。

 

【象牙質の露出はなぜ起こる?】

 

象牙質の露出は若い人にもたまに見られますが、経験上30歳~40歳頃から始まるように見えます。原因は歯周病やかみ合わせの強さ、加齢、酸蝕歯(酸性の食品で歯のエナメル質が溶けて象牙質が露出すること)などが主です。

歯の表面のエナメル質は外からの刺激をシャットアウトしてくれますが、象牙質にはその機能が乏しいため刺激を中の神経に伝えやすくなります。

歯周病は歯を支える歯槽骨が徐々に下がる病気です。歯槽骨が下がれば象牙質が露出しやすくなります。かみ合わせが強い歯は常に大きな力が歯や歯槽骨に伝わり、その刺激で歯槽骨が下がりやすくなり象牙質が露出します。ジュースやコーラ、ポカリスエット、アクエリアス、酢の物,、果物など酸性食品を常に摂っていると、口の中がに酸性に傾きやすくなりエナメル質を溶かしていきます。そうすると中の象牙質が露出し、知覚過敏症が現れます。これが酸蝕歯です。

 

次回は知覚過敏症の治療方法をお話しします。

 

神奈川県大和市柳橋の歯科医院 こころ歯科大和クリニックでは知覚過敏症の治療を行っています。

PAGE TOP