大和市で歯医者をお探しなら、こころ歯科大和クリニック

ブログBLOG

ゆるい!合わない!痛い!そんな時は入れ歯の リフォームをしましょう①

2017.03.29

院長です。

 

最近入れ歯ががたついたり、痛かったり、上手くかめなかったり、外れやすくなったなどありませんか?

 

027

 

これは総入れ歯、部分入れ歯どちらにも起きる現象です。原因は下記のようなことが主になります。

 

・歯槽骨(あごの骨)が下がり、入れ歯が合わなくなってきた

・部分入れ歯の金具を掛けている歯にぐらつきがでてきた

・部分入れ歯の金具が壊れてしまった

・人工歯(入れ歯の歯の部分)が長年の使用で摩耗し、かみ合わせが悪くなった

 

【からだの変化に入れ歯はついていけない】

 

入れ歯を製作してから何年も経つと、徐々に合わなくなってくることがあります。これは歯を抜いた部分の歯槽骨(しそうこつ)が下がるため、入れ歯と歯ぐきの隙間が徐々に増え緩んでくるためです。

歯は歯槽骨に支えられて生えています。強い力を受け止めるために歯槽骨は高く厚くできています(富士山の頂上に歯が生えているようなイメージ)しかし、歯を失ってしまうと歯槽骨はその必要性を失うため、徐々に下がっていきます。そのため、入れ歯を作ってから数年経つと、歯ぐきと入れ歯の間に隙間ができて入れ歯ががたついたり、外れやすくなってきます。

また、合わない入れ歯をそのまま使い続けることにより、さらに歯槽骨が下がってしまう悪循環にもなるので注意が必要です。

 

続きは②でお話ししますね。

 

神奈川県大和市柳橋の歯科医院 こころ歯科大和クリニックでは合わなくなった入れ歯の調整を行っています。

 

PAGE TOP