大和市で歯医者をお探しなら、こころ歯科大和クリニック

ブログBLOG

美しい差し歯の最高峰・ジルコニアセラミックとは?②

2017.04.06

院長です。

 

ジルコニアの登場により、白い差し歯の精度と審美性が一気に高くなりました。メタルボンドの金属フレームの代わりにジルコニアフレームを使用することにより、強度も精度も高くなりました。ジルコニアはもともと白色なので金属フレームのような光を遮蔽することもなく、このジルコニアフレームにセラミックをコーティングすると自然の歯のような美しさが再現できるようになりました。

 

008

ジルコニアセラミッククラウン内面

 

【高精度とブリッジにも使用できる強度】

 

金属よりも硬いジルコニアはより負荷のかかるブリッジにも適応します。また、審美性も良いこともお伝えしましたが、差し歯で一番大事なのは適合精度です。特にマージンと呼ばれる被せる歯と差し歯の境目が重要となります。ここに少しでも隙間があれば歯垢が溜まりやすくなり、将来的に二次う蝕(虫歯)や歯周病になってしまう確率が高くなってしまうからです。その点でもジルコニアは高強度、高精度ですのでマージン部分の隙間も心配ありません。

 

【金属アレルギーや歯や歯ぐきを黒くする心配がない】

 

金属を使用する差し歯は多くの金属を混ぜた合金でできています。そしてその金属はお口の中に入るとイオン化し体内に蓄積されます。そして、蓄積限界を超えてしまうと金属アレルギーが発症してしまうのです。また、イオン化した金属はその周囲の歯ぐきや被せた歯の色を黒く染めてしまうこともあります。

その点でもジルコニアセラミックは、一切金属を含まない非金属の差し歯ですので、その心配はありません。

 

※ジルコニアセラミッククラウンおよびメタルボンドクラウンの治療は自費治療になります。

 

神奈川県大和市柳橋の歯医者 こころ歯科大和クリニックではジルコニアクラウンの治療を行っています。

PAGE TOP