大和市で歯医者をお探しなら、こころ歯科大和クリニック

ブログBLOG

歯の根元に段差がある?楔状(くさびじょう)欠損とは?

2017.05.01

 

院長です。

 

みなさん歯の根元を爪でこすった時、段差を感じたことはありませんか?

痛みはないのに歯が一部削れているような感じ。虫歯?と思われるかもしれませんが、もしかしたら楔状欠損かもしれません。

 

engagement_chipped_tooth_with_face

 

 

【楔状欠損とは】

 

楔状欠損(くさびじょうけっそん)とは読んで字のごとく楔形の様に削れた歯の状態のことをいいます。虫歯で削れたわけではなく、自然または人為的に削れた状態です。

 

通常歯の根元に現れます。ほとんど無症状の場合が多いのですが、歯ブラシや爪でこすると軽い痛みや違和感を感じたり、冷たいものがしみたりすることがあります。虫歯ではないので持続的な症状はないのが特徴です。

 

 

【楔状欠損の原因】

 

削れている部分は歯の上部のエナメル質ではなく、その下の象牙質です。

通常は表に見えない象牙質ですが、なぜ露出してきているのでしょうか。それは加齢や歯周病で歯ぐきが下がり、象牙質が露出してくるためです。そして象牙質はエナメル質よりも柔らかいため外力に弱い特徴があります。

 

一番影響力があるのが、歯に加わる力=咬合圧です。特に歯ぎしりやくいしばり等の癖がある歯に起こりやすくなります。歯に強い力が加わると歯槽骨との境に近い象牙質に応力が集中し、そこから徐々にヒビが入り象牙質が徐々に崩れていくのです。

また、過度のブラッシングも原因の一つと言えます。強い力で磨くと柔らかい象牙質は削れてしまいます。

 

【治療方法】

 

欠損がそれほど深くなく症状もない場合は何もしません。ただし、冷たいものがしみたり、歯ブラシをかけると痛かったり、汚れがたまりやすく虫歯や歯周病の危険性が予想されるような場合は治療することができます。

 

一般的にはコンポジットレジンという歯と同じ色の樹脂を詰めることによって治療可能です。保険治療でできますし、通常は一回で処置は終わります。

 

まれに欠損状態が大きく、神経まで達してしまう場合もあります。その場合は神経を取り除く治療になりますので、気になる方は歯科医院で相談されることをお勧めします。

 

 

神奈川県大和市柳橋の歯科医院 こころ歯科大和クリニックでは楔状欠損の治療を行っています。

 

PAGE TOP