大和市で歯医者をお探しなら、こころ歯科大和クリニック

ブログBLOG

お口の中も老化する?その原因と対策①

2017.05.07

 

院長です。

 

health_mouth6

 

 

 

年齢を重ねるごとに、からだの各部位に変化が現れてくるのをひしひしと感じます。ひざ、腰、目、耳、頭髪、筋肉、骨、記憶その他もろもろ、私ももうすぐ50歳になりますが、20代と比べ各部位の衰えを感じながら生活しています。

 

 

もちろんお口の中も例外ではありません。一番大きな変化は加齢による歯槽骨(はぐきの骨)の減りです。歯槽骨が減るとその上の歯ぐきも一緒に下がります。そうすると歯と歯の隙間が大きくなり、歯垢がたまりやすくなってきます。

 

 

しっかりと清掃できていれば問題ありませんが、できていないとそこで虫歯菌や歯周病菌が増殖して歯や歯ぐきをむしばみます。さらに年齢とともに免疫力も低下しますので、高齢になればなるほどこれらのリスクが高くなります。

 

 

歯の摩耗も老化の一つです。長い間歯を使っていると徐々に摩耗して短くなってきます。歯が短くなると上顎と下顎の距離が近くなるため、口角の下がりや上唇が薄くなったように見えたりしわが増え、口角炎を起こしやすくなったりします。顔の上下間距離も短くなり審美性に影響してくる場合もあります。

 

 

続きは次回お話しします。

 

 

神奈川県大和市柳橋の歯科医院 こころ歯科大和クリニック

PAGE TOP