大和市で歯医者をお探しなら、こころ歯科大和クリニック

ブログBLOG

子どもが転んで前歯をぶつけてしまった!対処法は?①

2017.05.09

 

院長です。

 

mouthbreathing_tonsils_boy

 

 

低年齢のお子様は頭と体のバランスが悪いため、転んで顔面(特に前歯)を強打することが多かったりします。こころ歯科大和クリニックでも年間10件以上は前歯をぶつけて急患で来院されるお子様がいらっしゃいます。

 

 

【あわてないこと、できる最善を尽くすこと】

 

 

お子様の前歯の事故はいつどこで起こるかわかりません。その状況になった場合保護者の方は以下のような対処をお願いします。

 

 

意識がない場合や見た目の損傷があまりにも大きな場合は救急車を呼んで病院へ行ってください。人命が優先となります。歯が抜けている場合は生理食塩水や歯の保存液(薬局に売っています)か牛乳につけて乾燥を防ぎ一緒に持っていきます。

 

 

意識がある場合、ぶつけた直後はお子様も気が動転し泣いたりすることがほとんどです。まず保護者の方が落ち着かせ、ぶつけた箇所を確認してください。

 

 

出血を伴う場合は清潔なガーゼやなければティッシュなどで止血します。出血量が少なくなったら顔の皮膚や歯、口腔内粘膜、歯ぐきの損傷を確認してください。

 

 

歯が抜けてしまった場合はすみやかにお子様と一緒に歯科医院へお越しください。その場合は生理食塩水か牛乳に浸し、歯を乾燥させないようにして一緒にお持ちください。抜けてから30分以内であれば再び骨とつく可能性があります。欠けた場合でも神経が露出していることもあります。また骨や粘膜、歯ぐきの損傷も確認した方が良いのでぶつけた場合は速やかに歯科医院へお越しください。

 

 

続きは次回お話しします。

 

 

 

神奈川県大和市柳橋の歯科医院 こころ歯科大和クリニックではお子様の外傷の治療を行っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

PAGE TOP