大和市で歯医者をお探しなら、こころ歯科大和クリニック

ブログBLOG

シニア世代の口腔内の現状と対策①

2017.05.14

院長です。

 

old_smile

 

現代のシニア世代は活発で行動範囲も広く、若々しく健康管理にも非常に前向きです。

 

特に最近は歯科の関しての治療やケアに関して、関心が高くなっているのが感じられます。

 

これは口腔に関してのマスメディアの情報量も増えたこともあると思いますし、インターネットによる詳しい情報がいつでも得られるのも大きな要因かと思います。病気を予防する健康法や病気になった時の対処方法は気軽にネットでいくらでも検索できますしね。

 

 

特に歯や歯ぐきに関しては咀嚼や発音などの機能も当然ながら、審美性という面も持ち合わせています。口元の審美性やかむ機能に気を遣うシニア世代の方が最近増えたような感じるようになりました。

また、口腔内環境の善し悪しが全身の健康につながることも医科でも歯科でも言われるようになりました。

 

 

ひと昔の日本では歯や歯ぐきに対する情報量が圧倒的に少なかったこと、国民も戦後の高度経済成長期で忙しく、口腔内まで関心が行き届かなかったこと。歯医者は痛くなったら行くところという考え方が当たり前の時代だったことです。

 

そして年をとったらみんな歯が抜けて入れ歯になる。これがごく普通の考えでした。おじいちゃんもおばあちゃんも、親もそうだったし。。。年をとったら歯を失うことになんら疑問を持ちませんから、当然口腔内清掃にも興味がありません。

 

また、歯並びにも興味がありませんから、先進国の仲間入りをしても、日本人は他国の人に比べ歯並びが非常に悪いことでも有名でした。外国の風刺漫画に描かれる日本人観光客の姿は、メガネをしてカメラを首からぶら下げ、そして出っ歯(歯並びの悪さ)のイメージで描かれています。つい最近まで八重歯がチャームポイントなどといったアイドルがいた時代でしたし。

 

次回は健康なシニアの口腔内清掃をお話しします。

 

 

神奈川県大和市柳橋の歯医者 こころ歯科大和クリニック

 

 

 

 

 

 

PAGE TOP