大和市で歯医者をお探しなら、こころ歯科大和クリニック

ブログBLOG

歯ぐきに白いふくらみができたけど痛くない。根尖病巣の原因と対策②

2017.05.17

院長です。

 

根尖病巣になってしまった場合の治療方ですが、一般的には根管治療(こんかんちりょう)という処置を行って治療します。

 

あの細い針のような器具で歯の中を掃除するのです。

 

神経を取った跡の根管内はばい菌に汚染されています。それらを取り除かない限りばい菌は繁殖し続けます。

 

complete-recovery004_caption (1)

 

 

 

根管治療は神経を取った時と同じように根管内の汚染されている部位(壁面)を細い針(やすり)で掻き出して取り除きます。

 

ばい菌に汚染された層が無くなると炎症もなくなり、膿も止まります。膿の排出が無くなれば歯ぐきの膨らみも自然に消えてなくなります。

 

また、状況によっては外科的手術で歯ぐき側から穴をあけ、感染部分を取り除く場合もあります。

しかし、根尖病巣はばい菌の勢力が強いとなかなか治りが遅かったり、治らない場合もあります。治らない場合は抜歯になる確率が高くなります。

 

 

この病気は痛みなどの症状がないことがほとんどですので、気づかず慢性的に症状がかなり進む場合が多いのも特徴です。

 

歯ぐきに小さなふくらみを感じたり、その部位を外から指で押すと違和感があったり、白い液が出てきたりする場合は、早目に歯科での検診をお勧めします。

 

 

神奈川県大和市柳橋の歯科医院 こころ歯科大和クリニクでは根尖病巣の治療を行っています。

 

 

 

 

PAGE TOP