大和市で歯医者をお探しなら、こころ歯科大和クリニック

ブログBLOG

歯科界でも3Dプリンター時代がやってくる①

2017.05.31

 

院長です。

 

いま、歯科技工(歯や入れ歯を作る分野)の世界では大きな変化が起きています。

 

それは自動化の波と離職率です。

 

歯科技工士とは歯医者から預かった患者様の歯型模型で差し歯や入れ歯を製作する職人さんです。

 

もちろん製作された技工物(差し歯や入れ歯等)は歯科医院に戻され、患者様のお口の中に詰め物や差し歯が装着されます。

 

近年CAD-CAシステムや3Dプリンタなどの自動製作器の登場で歯科技工にも大きな変化が訪れました。

 

今でもそうですが、歯科医院から預かった模型は技工士が一つ一つ丹念に扱い、プロの技で差し歯や詰め物、入れ歯などを作ってくださっています。

 

しかし、CAD-CAMシステムや3Dプリンタは歯科医院から預かった模型(スキャンデータ)やCTのデータをパソコン上で読み取るるだけで、あとは機械が勝手に作ってくれるような時代に突入してきました。

 

細かな作業もなく(実際はパソコン上での細かな微調整はあります)クリーンな仕事場でさぞ、今の若い技工士さんが活躍されていると思ったら。

 

 

歯科技工士の新人就職者の80パーセントは3年以内に退職してしまうそうです。

 

 

これはかなりひどい数ですね、これは仕事の量と質に対する対価が非常に低いのが最大の原因だそうです。

また、ノルマと残業の日々。そして患者様と直接会いませんから、自分がつくった作品がどのように評価されているのさえわからない状況ですので、モチベーションは非常に低いです。

最近でもヤマト運輸の過剰労働が問題視されましたしね。

 

10人入社しても8人は辞めてしまう。これでは技術の伝承が進みません。もちろん自動化が進んできた世界ですが、最後は人の手による細かな微調整が必要ですし、さらにまだは自動化できない技術も山のようにあります。

 

他の技工所に移る方もいるのでしょうが、殆どの方は歯科技工士界に未来はないと他業種に転職してしまうそうです。

 

※インク型3Dプリンターは完成度たかいものの、まだ国の認証が取れていないので販売はされていません。

 

 

続きは次回へ

 

 

神奈川県大和市柳橋の歯医者 こころ歯科大和クリニック

 

 

 

 

PAGE TOP