大和市で歯医者をお探しなら、こころ歯科大和クリニック

ブログBLOG

梅雨の横浜、歴史地図展に行ってきました。

2017.06.19

こんにち院長です。

 

 

梅雨の真っただ中、天気予報は昼すぎから雨の予報・・・・

 

126

 

今日は休診日なので早起きして雨が降る前に、前から行きたかったイベントのようこそ横浜地図ワールドへという横浜の地図展にいってきました。地図が展示してあるだけの展示会です。

横浜都市発展記念館で7/2まで開催されています。日本大通駅の真上ですのでので、徒歩0分です。興味のある方はどうぞ。

 

しかし、まだ雨も降っていないのに横浜の街を地下鉄で移動するのはもったいない!

 

会場までのルートも自転車と歩行者の分離がしっかりしている道を通る予定で、さらに観光客が動きだす10時前となれば、ベイバイクをレンタルしてでのんびり浜風を感じながら流していくコースが最高ですね。また、返却ポートが会場の敷地内なのも高ポイントですね。

 

で、今回は初めてのプールを使用してみようということで、横浜ベイクォータープールを探しますがみあたりません。現在午前9時。ポータルサイトやグーグルでしっかり予習をしてきたのですがそごう近辺で迷ってしまいました。グーグル先生の道案内もしどろもどろ。

 

普段は横浜三井ビルディングのポートを常用しているので、横浜駅に着いてから10分以内には出発できます(ここが横浜駅を使うなら地味に一番楽なんですよ。地下街もあるし雨にも強い)

 

そごうがまだ開店の時間ではないのは想定済みでしたので、ぺデストリアンデッキの2本あるうちの1本は、使用できないことは予測できていました(いわゆるメインルートですね)でも先生はそごうの中をいけ!だそうです。

何とかもう一本のペストリアンデッキへのアクセス道を探し当て横断。ここまでで10分を要しました

 

それにしてもとにかく横浜ベイクォータープールまでの案内板が圧倒的に不足ですね、あってもカッコつけたデザインが逆いわかりづらい

結局ポートにたどりつくには20分かかりました。そごうの開店時間帯であれば10分位で到着できるでしょう。

横浜市とドコモで運営しているのですからしっかりしてくださいね。自転車も整備の悪い個体も多くこれで事故が起こったら大変です。

 

でまぁ。とりあえず出発、日産本社前で。

094

朝は観光客がいなくて快適です。

 

目的地の横浜都市発展記念館に到着。のんびり走ったので20分位かかったでしょうか。ここは会場の真裏にポートがあるので助かります。

102

 

早速、会場に向かいます。閲覧料は300円を1階で支払いエレベータで3階に上がると展示室です。

 

105

先客1名。5分ほどで退出。その後2名の方がお見えになりましたが、私よりも早く退出されました。

 

まあ、地元のひとが自分の住んでいる昔の街の地図を懐かしんたり、私みたいな地図マニアしか来ないところですから。

 

それなりの内容でしたが、古い資料はガラス越しでの閲覧ばかりで、地図マニアにはもっと近くで見たいものなので、レプリカを作りそれを展示すれば近くでみることができるので横浜市もご一考ください。

それでも30分ほど滞在でした。内容は戦後のものが多く、すでに知っている地図内容ばかりでした。

 

可哀想だったのは泉区コーナーの扱いですね。

このイベントは市の協賛でもありますので、横浜市の全区の古地図も展示しないといけないのでしょうが、中区コーナーや西区コーナー、神奈川区コーナーのような歴史のある区は資料が多いも当然ですが、

泉区は1986年に戸塚区から分区したため歴史が浅く、展示してあったのが現在泉区で配布している折り畳みの携帯地図を広げた一枚がガラスケースの中に陳列してありました。

 

同じく歴史が浅い都筑区なども資料は少ないが、港北ニュータウン計画などの計画書などの資料があったり、まだ納得でるるレベルでしたが、これを泉区民が見たらどう思うでしょう。

 

せめて分区前の戸塚区の資料で何か伝えらえることはでできなかったのでしょうか。

 

また、横浜市が大規模に進めているゆめが丘駅と下飯田駅前開発は工事が既に始まっています。これらの開発予想図などを展示することはできなかったのでしょうか?

 

そんな帰りもベイバイクでMARK IS みなとみらいへ。ちょうどそのころパラパラ雨が降ってきました。ここにもポートがあって便利です。夕食を買って帰りました。

 

 

神奈川県大和市の歯科医院 こころ歯科大和クリニック

PAGE TOP