大和市で歯医者をお探しなら、こころ歯科大和クリニック

ブログBLOG

デンタルフロス(糸ようじ)の活用法

2017.07.31

院長です。

 

皆さんデンタルフロスはお使いでしょうか?

 

05-g-010

 

歯の間にたまった歯垢や食べかすを取り除くツールです。現在一般的に普及しているのが、従来からある糸巻タイプ、そして最近は様々な形をしたスティックタイプがあります。それぞれの特徴を挙げてみましょう。

 

 

・糸巻タイプ

好きな長さで角度も自由に使用できる(清掃効率が良い)

ワックスタイプとワックスなしタイプが選べる

スティックタイプより経済的

使用するには慣れが必要

フロス後、横に引っ張り除去できる←重要

 

 

・スティックタイプ

初心者でも使用しやすい

価格は糸巻タイプより高い

フロス時あまり自由に動かせない

フロスを入れたルートの逆で取り出さなければならない←重要

 

 

デンタルフロスは細い糸をいくつも束ねて一本の糸にしています。それぞれの細い糸が歯垢や汚れにからまって歯をキレイになるのです。しかし、詰め物や被せ物などが歯に装着されている場合、この細かい糸が引っ掛かり、糸が隙間に残って取れなかったり、詰め物や被せ物がはずれてしまうケースがあります。

 

 

特にスティックタイプは糸を入れたルートと同じルートで取り出さなければなりませんので引っかかる割合も高くなります。糸巻タイプなら片手を放して横に引っ張れば引っかからずに抜くことができます。

 

 

また、糸巻タイプはワックスをコーティングしたタイプもあります。ワックスの効果で滑りよく歯の隙間に入れることができますが、細かな糸がばらけにくいのでワックスなしに比べると清掃効率は若干劣ります。

 

デンタルフロスは歯ぐき側に入れすぎると痛みや、出血を伴うことがありますのであまり入れすぎないよう注意してください。また、入れすぎていないのにデンタルフロスに血が付くことがありますが、これは歯と歯の間の歯ぐきに汚れが溜まり、歯ぐきの炎症がある可能性があります。少量なら問題ありません。毎日お掃除することによって炎症も引き、出血もなくなってきます。

 

どちらも一長一短ありますので、歯科医院で清掃方法を教えてもらい、自分にあったデンタルフロスを使うとよいでしょう。

 

デンタルフロスの使用方法も含めて、当院の診療について詳しくはこちら⇒

診療案内

 

神奈川県大和市柳橋の歯医者 こころ歯科大和クリニック

PAGE TOP