大和市で歯医者をお探しなら、こころ歯科大和クリニック

ブログBLOG

こころ歯科大和クリニックQ&A なぜ、歯の治療は時間がかかる?

2017.08.18

院長です。

 

今回は医院いくつか寄せられる患者様からのアンケート結果の質問にお答えしていきたいとおもいます。本日はその第一弾!

 

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

【Q】

 

歯医者の治療はなぜあんなに何度も通わせるのですか?

多く来させることによって、儲けているのではないのでしょうか?

もっと多くの歯の治療を同時に行うことによって総治療回数の

短縮はできないものなのですか?(大和市Hさん)

 

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【A】

 

Hさんこんにちは。

 

まず、このご質問は全国の歯科医院さんでもよくあるケースなので、一般論としてお話しさせていただきますね。

 

歯科の治療は一人の先生が患者様の担当になり、治療の初めから終わりまで行うことが一般的です(例外もありますが)

 

先生は他の患者様の治療も行わないといけないため、ほとんどの歯科医院さんが「予約制」のシステムを採用しています。予約制にしないと、患者様が長時間もまたされたり、患者様が重なってしまう可能性があり治療時間が足りなくったり、Dr,やスタッフ側も次つぎいらっしゃる患者様に時間をとられ、見落としなどのミスや荒い治療を誘発する可能性もあります。

また、通常お一人の患者様を何時間も治療することもありません(例外はあります)

限られた人員で多くの患者様を拝見させていただいています。医院によって考え方は様々ですが、予約枠内の時間が過ぎれば治療は一旦終了です。次回に続きを行います。これはわざと引き延ばしているのではなく、その歯や歯ぐきが簡単に治らないほどひどい状態になっているので、それを限られた時間枠の中で治療していると思ってください。

 

 

治療期間のかかる治療はさまざまです。それでは一般的な例で解説してみましょう!

 

 

①治さなければならない重症の歯が複数ある場合。

 

例えばひどい虫歯が10本あり、神経を取り、被せたりで非常に困難な治療だったとしましょう。通常、歯一本の神経処置に要する回数は約2~3回(部位、状況によって差異はあります)、その後被せる治療には約3~4回。歯一本につき約5~7回の治療回数がかかる計算です。一般的にこれが週一回の通院だとすると約1ヶ月から2ヶ月かかります。

10本悪い歯があれば、上記の期間を当てはめると治療期間は10ヶ月~20ヶ月(1年弱から2年弱)かかることになります。もちろんあくまでも「一例」ですので、治療内容によっては治療期間はこれよりも早かったり遅かったりします。因みにお伝えしたのは保険診療の例になります。

 

②同時に悪い歯を何本も治療してほしい。

 

これもよく質問される事例なのですが、これらは可能な場合と不可能な場合に分かれます。可能な場合はC1、C2レベルの軽傷虫歯や、下処理もなくただ被せるだけ、詰めるだけの治療であれば保険でも複数の歯を比較的短期間で治療することも可能です。ただし、医院の考え方や口腔内の状況によってかわります。

 

不可能な場合は根管治療(根の治療)や抜歯が絡んでくる治療です。特に繊細なテクニックを要する根管治療は細かな作業が多いため、時間をかけて治療するのが一般的です。通常は複数の歯の根管治療はかけもちはしません(例外もあります) かけもち診療は治療クオリティーの低下につながります。よって、複数の歯の同時根管治療は質の低下を引き起こし、患者様にはデメリットしかありません。

 

抜歯は抜いた後の傷が最低3ヶ月は治らないので、その間治療時間は伸びます。抜いた後のブリッジや入れ歯は抜いた部分の歯ぐきに合わせて精密に作ります。傷が治らないうちに製作すると、あとで隙間ができて食べかすが詰まりやすくなったり、息が漏れたり、入れ歯が合わなかったりと良いことはありません。

 

③悪化した歯周病を患っている患者様

 

歯周病も悪化すると治療期間が長くなります。歯科医院にいらした場合、歯ぐきの審査からはじまり、レントゲンなどで病状を把握。そこからスケーリング(除石)を行い再検査をおこないます。特に大きな腫れや痛みがなければ、ここまで1~3回位の通院でしょうか。

 

さらに第二段階として状態の悪い歯ぐきは、歯周ポケットの奥に潜んでいる細菌や歯石を取り除く治療に入ります。これも状況にもよりますが状態が悪い歯の本数分かかります。通常は数回に分けての治療が一般的ではないでしょうか。

 

これらも1週間に1回の通院で数回~数十回、約一か月半から三ヶ月はかかります。また、それでも歯ぐきの状態が改善しない場合は歯ぐきの手術を行います。それぞれを加算するとこれまた数カ月かかります。また、歯ぐきは歯科医師、衛生士だけの努力では治りません。患者様の的確なブラッシングが不可欠ですので、そのためのトレーニングにも時間がかかります。さらに、根の治療や抜歯、被せ物などの治療もおこなえば相当な時間回数がかかります。

 

 

一診療で儲ける儲けないのお話しですが、例えば、感染根管治療(菌に侵されてしまった歯の根の治療)は回数のかかる筆頭治療です。歯科医師側は治療回数を多くしても、繊細な治療を30分して再診料の45点(450円)+数十円の治療費が得られるだけです。

 

それにスタッフの人件費、家賃、材料費、技工料、水道光熱費それにかかる消費税(患者様の医療費には消費税はかかりません)などを支払えば完全に赤字です。腹を割ってお話すれば、ほかの高得点点数の患者様を効率よく診た方が医院収益は段違いで良くなりますので、長引く治療=歯医者が儲かる のは全くの嘘です。むしろ歯科医側にとって長い治療はマイナス収益です。しかし、そこに悪い歯や歯ぐきがあればどんなことでも立ち向かって治療するのが私たちの使命でもあるのも事実です。

また、患者様が「長く続く治療だな」と思ったりする反面、歯科医師側の病状説明が不足している場合もあります。治療が長引いて納得がいく説明がない場合は歯科医師側に状況説明を求めてみましょう!

 

 

【番外編】

 

かなりひどい歯を短期間で治療を済ませたい方は、それを専門に行っている歯科医院もあります。

お仕事などでお忙しい方は歯科治療に時間はかけられません。そのような方は、腫れや痛みなどの初期症状を取り除き、その後美しい差し歯や詰め物を入れなければなりません。短期間の治療は大勢のDR.、衛生士、技工士、アシスタントなどのスタッフが24時間体制であたる場合もあります。治療は短期間ですがそれでも数日かかる場合もありますので、患者様の忍耐力も必要です。もちろん保険診療に沿わない治療方法がとられる可能性が高いので、すべて自費治療になる可能性があります。多忙の方にはお勧めです。

 

保険治療の場合は、国の決まった治療手順を絶対に守らければなりません(保険医としては当然のことです)ので、治療回数がかかる場合があります。しかし、保険治療が患者様のご要望に合わない場合も多々あります。そのような時は自費治療にて対応いたしますのでご相談ください。

 

 

 

 

 

神奈川県大和市柳橋の歯医者 こころ歯科大和クリニック

PAGE TOP