大和市で歯医者をお探しなら、こころ歯科大和クリニック

ブログBLOG

気になる!!やわらか歯間ブラシ!体験レポート①

2018.01.12

院長です。

 

 

【歯の隙間は老化現象!】

 

017034

 

 

私ももうすぐ半世紀生きることになるのですが、40代に入った頃から食後しばらくしてから食べかすが出てくるようになりました。それも比較的大きいのが・・・。

 

 

ついに歯ぐきの後退(退縮)が始まってきたのです。簡単に言えば「老化現象」です。毎日歯を使うと力がかかります。それが歯を支える骨に伝わり骨が少しずつ減っていくのです。さらに歯周病に罹患している場合は進み具合が早くなります。

 

 

さて、その隙間をそのままにしておくとどうなるでしょうか?もちろん食事のたびに食べかすが詰まります。取れなければ虫歯や歯周病へまっしぐらです。

 

 

隙間の汚れを歯ブラシでなんとか取ろうとしてませんか?人間の歯は全てそろっていると28本(親知らずを含めると32本)あります。それらの隙間をすべて歯ブラシで掃除することは不可能です。28本歯があった場合上下で26か所(親知らずを入れると30か所)の歯と歯の隙間があるんです。

 

 

【隙間の汚れは歯間ブラシや糸ようじ】

 

これらの隙間を歯ブラシ一本で磨こうなんて、プロの私達でも不可能です。そこで登場するのが皆さんご存知の歯間ブラシや糸ようじ。今回はその中でも歯間ブラシについてお話ししたいと思います。

 

 

でも実際、「歯間ブラシは食べかすは取れるけど、使い方が難しいから今は使ってない」とか、「あの針金が歯ぐきにあたって痛いんだよね」とか「血が沢山出てきて怖くなって」などや「歯ブラシもまともに出来ないのに使いこなせるわけないよ」「面倒くさい」など消極的な方も多いのも事実です(これは私たちの指導不足もあると思います・・・)

 

 

確かに針金に毛が植毛された歯間ブラシは私も毎日使いますが、はっきり言って使いづらいです。ちゃんとした方向で入れなければ針金は曲がるし、痛いし、鏡を見ながらでないと上手くできません。患者さんのおっしゃる通り嫌になるのも当然です!

 

 

ただし清掃効果は植毛の方が良いので困ってしまいます。

 

 

そこで最近CMでも話題になっている柔らかい歯間ブラシ。最初は歯科専門メーカーでない会社からの発売だったので、どうせそれなりの商品だろうと思っていました。

 

 

ただ、普通の歯間ブラシにも嫌気がさしていたのと、従来の歯科専門メーカーも参入してきて面白いことになっているようなので、実験を兼ねて各メーカーの(と言っても2社3種類ですけど)柔らかい歯間ブラシをドラックストアで買って実際にプロが使ってみました(つづく)

 

 

第二弾ではその感想をお伝えします。 

 

 

神奈川県大和市柳橋の歯医者 こころ歯科大和クリニックでは歯間ブラシを取り扱っています。

 

PAGE TOP