大和市で歯医者をお探しなら、こころ歯科大和クリニック

ブログBLOG

学校検診で虫歯がなかったのに虫歯があった!

2018.06.01

院長です。

 

そろそろ幼稚園や小学校で集団歯科検診があった子も多いと思います。結果はいかがでしたか?

 

01-d-003

 

【学校集団歯科検診はスクリーニング検査】

 

ただし、幼稚園保育園や学校での歯科検診はスクリーニング検査です。簡単に言うと「良いかも」・「あやしいかも」・「悪いかも」に分類され確定診断はつけません。これは会社の健康診断でもそうですよね。怪しそうなところがあってもいきなり検査員が「あなたはガンです!」とは言いません。通常は要再検査ですよね。そして再検査した先生が確定診断をつける。

 

学校検診では私たちプロがどう見ても明らかな虫歯であったとしても、一応学校側には「虫歯があります」と記載しますが、ちゃんとした歯科医院の施設下での問診、視診、触診、レントゲン検査などを受けていないため、「虫歯の可能性があるので専門科に診てもらうように」というニュアンスになってしまいます(もちろん明らかな虫歯もありますが)確定診断を決めるのはそれらの歯を精査をしたのち決定されるのです。

 

しかし、虫歯の記載がないからと言って安心してはいけません。もちろん「良い」や「あやしい」と判定されても、歯科医院にはいかなくてはなりません。なぜなら集団歯科検診は限られた時間の中、少人数の先生で、それも歯科医院の施設とは程遠い戦場のような劣悪な環境で、次々患者さんを診ていかなければなりません。まともな健診ができる方が稀です。

 

もちろん歯科医師も人間ですから見落としもありますし、汚れを虫歯と見間違うこともあります。

 

【学校歯科健診以外にも歯医者に行こう!】

 

では「歯科検診なんて無駄じゃないか」と思う人もいても当然だと思います。しかし、学校の児童の全員が歯科医院に任意で行くとは限りませんし健診後、一人の先生に診てもらうより、より多くの先生に診てもらう方が隠れていた虫歯や、かみ合わせの異常などが見つかりやすいのも事実です。また学校保健法でも集団歯科検診の実施が決まっています。

 

お父様やお母様も「学校の検診が年に一度あるからそれでいいやではなく、なんでもなくても定期的に歯科医院に通う癖をつけてください。

 

子どもの虫歯は大人の歯に比べて柔らかいため、とても足が速く虫歯になってから半年で神経まで到達してしまうケースもあります。

 

最近は食生活や虫歯になりにくい食品も増えた関係で、子供の虫歯が激減していますが、それでも虫歯治療にいらっしゃるお子様は後を絶ちません。見た目で穴が開いた、痛みや腫れが出たあとではほとんど手遅れです。大切なお子様に嫌な思いをさせてまで治療するより、痛くない定期的な歯科検診をおすすめします。

 

当クリニックでは虫歯や歯ぐきの検査、かみ合わせの検査、生え変わりの検査、クリーニング、必要であればブラッシング指導を行っています。また、フッ素も無料ですので是非ご活用ください。保育士も在籍していますので安心です。

 

 

神奈川県大和市柳橋の歯医者 こころ歯科大和クリニック

PAGE TOP