大和市で歯医者をお探しなら、こころ歯科大和クリニック

ブログBLOG

保険で白い被せ物の正体は?CAD/CAM冠

2018.06.07

院長です。

 

081

 

ここ数年の保険適応で部位指定による白い歯の被せ物が認可されました。それまでもプラスチックのみで製作された被せ物治療はあったのですが、強度が低くすぐに壊れてしまうため、適応症例が限られ、歯科医師は積極的におすすめしてきませんでした。

 

そんな中、そこそこの強度を兼ね備えた白い被せ物CAD/CAM冠(キャドカム冠)が近年厚生労働省から認可されました。ただし、治療できる部位は上下の第一小臼歯と第二小臼歯(前から4番目と5番目)のみとなります。また、条件はかなり厳しいですが、下顎左右第一大臼歯(奥から2番目)のみも認められました(上下左右の第二大臼歯を有し、なおかつ咬む力に耐えうると判断された場合、あるいは医科から認められた金属アレルギー歴のある方が対象)よって、一般的な症例としてCAD/CAM冠の適応が多いのは第一小臼歯と第二小臼歯でしょうか。

 

CAD/CAM冠の素材は一切金属を使用しない、プラスチックとセラミックのハイブリット素材でできています。プラスチックだけでは強度不足、セラミックだけでは高品質で強度はあるものの高価になるため、その中間のCAD/CAM冠が開発されたのです。金属を使用しないため金属アレルギーの心配もなく、また審美的な面でもこれからの国際社会において対面的にも金属が見えず、恥ずかしくないものとなっています(昔は海外で日本人の見分け方の一つとして、銀歯があるかないかで見極めると笑われていました)

 

いいことばかりのCAD/CAM冠のようですが、もちろんデメリットもあります。まずは歯を削る量が多いこと。これはプラスチックを使用しているため強度確保のために冠自体の厚みをとらなければなりません。また、一部プラスチックを使用していますので、強度も金属冠より劣り、経年的劣化や摩耗、変色もおきやすく、歯垢や汚れも付着しやすいので歯周病や二次う蝕のリスクも高くなります。セラミックのみで製作した場合と比べると美しさもかなり劣りますし、セラミックは歯垢や汚れが付きにくく、つけた当時の輝きが持続します。よって歯周病や二次う蝕のリスクも少なくなります。

 

とはいえ、一般の方からみれば見た目はCAD/CAM冠も自費治療のジルコニアセラミック冠やe-max冠、メタルボンド冠とほとんどわからないと思います。とりあえず保険内治療で白い歯であればよいという方にはおすすめです。

 

神奈川県大和市柳橋の歯医者 こころ歯科大和クリニックではCAD/CAM冠の治療を行っています。

 

 

PAGE TOP