大和市で歯医者をお探しなら、こころ歯科大和クリニック

ブログBLOG

入れ歯のメンテナンス(点検)してますか?

2018.06.09

院長です。

 

入れ歯のメンテナンス(点検)についてのお話です。
当院では入れ歯治療の患者様に必ずと言うほど、メンテナンスの重要性をお話しさせていただいています。
入れ歯は患者様に合わせて精密に製作しますので、定期的なメンテナンスが大切なんです。

しかし、新しい入れ歯ができてから、具合がいいのでもう何年も歯医者で入れ歯を見てもらっていない。という方が結構いらっしゃいます。

 

010

 

 

自動車でも何も不具合を感じなくても、12ヶ月点検や2~3年おきの車検は受けますよね。「国の制度なので仕方がなく」という方もいらっしゃるでしょうが、今は不調はないが、消耗部品は交換したいし、もしかしたら重大な故障につながるところもあるかもしれないから、点検や車検整備は積極的に行って欲しい方もいらっしゃるのも事実です。

 

入れ歯も同じです。調子よいからと言って必ずしも良い状態を保っているとは限りません。

痛みなどの症状があれば気づきますが、毎に使用しているものですので、少しずつ変わる変化になかなか気づきません。

いったいどんな変化が現れるのでしょうか?

 

 

 

 

 

【体側の変化】

 

歯を抜くと歯槽骨(あごの骨)の減りが歯があった時よりも早く進みます。入れ歯を作って数年もすれば骨も下がり、入れ歯との間に隙間ができて物が間に入りやすくなったり、入れ歯ががたつき痛みが出る場合もあります。

 

部分入れ歯をご使用の方は骨の減少もありますが、金具のかかる歯に注意しなければなりません。金具が掛かる歯の周りには食べかす、歯垢などが付きやすく、歯周病や虫歯にかかる方が多いのも事実です。金具のかかる歯が虫歯で歯が崩壊したり、歯周病で歯のぐらつきが大きくなると、入れ歯が外れやすくなったり、動く歯と一緒に入れ歯まで動いてしまうこともあります。特に部分入れ歯を使用されている方は歯磨きに注意しなければなりません。

 

【入れ歯側の変化】

 

入れ歯の咬む面(人工歯)はプラスチックでできています。自動車のタイヤや靴底と同じように毎日使うものですから当然入れ歯の歯も減ってきます。減ってくると入れ歯の高さが下がってきますので顔が短く見えてきます。また、徐々に平らな歯になり、ものを咬み切るのに力を要するようになります。場合によっては口元のシワが深くなり目立つようになります。このような場合は減った人工歯にプラスチックを足したり、新しい人工歯に付け替えたり、新しい入れ歯を作って対応します。

 

歯石や汚れも付着します。入れ歯も歯と同じように歯石やお茶、コーヒー、カレーライス、タバコなどで着色します。また歯石は多孔質(微細な穴が沢山開いている)のため、細菌の絶好の隠れ家になってしまいます。口臭も発生します。現在は汚れを取る入れ歯洗浄剤から、歯石を除去する洗浄剤まで様々な種類があります。

 

これは部分入れ歯に起こりますが、使用を続けていると金具が徐々に開いて入れ歯が外れたりして安定しなくなります。これは金属のたわみによるもので、金属製の部分入れ歯をご使用の場合は避けて通れません。この場合歯科医院に行けばすぐに調整してもらえます。

 

以上のように体も入れ歯も常に変化しています。
入れ歯の調子が悪いと感じた時は、歯科医院で診てもらい、調整できれば調整してもらいましょう。

 

しかし、今使用している入れ歯が大丈夫と思っていてもあなたが知らないところで悪くなっているかもしれません。
入れ歯を快適に長く使うためには、入れ歯の点検は最低でも年に3回は受けるようにしましょう。

 

当院では、他院で作った入れ歯でも修理や定期検診を行っています。
入れ歯にお悩みの方はお気軽にご相談ください。
当院の入れ歯治療について詳しくはこちらまで⇒

入れ歯

 

神奈川県大和市大和駅の歯医者 こころ歯科大和クリニック

 

 

PAGE TOP