大和市で歯医者をお探しなら、こころ歯科大和クリニック

ブログBLOG

なぜむし歯になるのか

2016.11.11

虫歯は古代から人を苦しめてきた不治の病?です。生まれたての赤ちゃんの口腔内には細菌がいません。その後成長するにつれさまざまな菌が入り込み口腔内菌叢が形成されます。その一つに虫歯菌があげられます。虫歯菌は人の口腔内に生息していますので人から人へ感染していきます。
 ご飯や麺類、パンやじゃがいもなどの根菜類、そして砂糖などの甘い食べ物や砂糖が多く使われている清涼飲料水などのには沢山の糖質が含まれています。糖質は歯の表面のエナメル質に付着しやすく、むし歯の原因であるミュータンス菌という細菌がそれを餌に繁殖します。そしてそのミュータンス菌がエナメル質を溶かす酸を吐き出し虫歯が進行していくのです。毎日の歯磨きを丁寧に行わなかったり、歯垢であるプラークが歯の表面に付着したままの状態を放置しておくと、歯についた糖質をエネルギーとしてミュータンス菌が増殖し虫歯になってしまうのです。

神奈川県大和市の こころ歯科大和クリニックではむし歯にならないよう、必要な方には歯磨きレッスンを行っています。

PAGE TOP