大和市で歯医者をお探しなら、こころ歯科大和クリニック

ブログBLOG

むし歯の進行度について

2016.11.12

虫歯の進行には個人差がありますが、乳歯や生えたての永久歯は柔らかいので虫歯にかかりやすくなります。さらに歯の表層を覆っているエナメル質を通過して虫歯菌が侵入すると、一気に進行してしまう場合がります。虫歯には、段階があります。いきなり大きく悪いレベルになる訳でなく、1段階目や2段階目など進行度が存在するのです。
まずC1という進行度は、軽く表面が溶け出した状況になります。特に大きな痛みが生じる訳ではありませんが、歯に対して変色が生じる場合があります。
そしてC2という進行度では、温度が低い物を飲んだ時に痛感が生じるレベルです。それなりに歯が溶けだしが進行した状態で、象牙質付近まで届いたレベルになります。その後はC3やC4といったレベルがあり、最終的に歯全体が無くなってしまう事もあります。歯を樹木に例えると、幹から上の部分がすっかり無くなって、根っこだけが残っている状態にまで進行してしまう場合があります。
 

神奈川県大和市柳橋の歯科医院 こころ歯科大和クリニックでは進んでしまった虫歯も丁寧に治療いたします。ご相談ください。

 

 

 

PAGE TOP