大和市で歯医者をお探しなら、こころ歯科大和クリニック

ブログBLOG

歯周病とは

2016.11.13

歯周病とは、歯垢など栄養素が原因で細菌が蓄積され、それが原因で歯ぐきが腫れたりする病気のことです。昔は歯槽膿漏と呼ばれることもありました。歯周病が進行すると歯槽骨が溶けてしまい、やがて歯が抜けてしまったり、抜歯が必要な状態にまで追い込まれてしまいます。初期の段階では痛みなどを感じることはありませんが、重度の歯周病になると歯がぐらつくことがあり、その段階で違和感を覚え歯医者を訪れる患者さんがほとんどです。

歯周病の原因となる細菌は、歯垢にできたデコボコの部分に棲み付いて繁殖し、徐々に歯肉にダメージを与え始めます。つまり、歯石を放置することで歯周病を招くという結果に繋がってしまいます。歯石は歯磨き等によって除去することが難しいものですが、大和市の歯医者では検診を受けることによって、簡単に除去することが可能となっています。

歯周病は、目視を行ったり、様々な症状の有無をチェックすることによって、ある程度ではありますが進行度合いの目安を付けることができます。健康な状態であれば、歯肉はピンク色であり、歯磨きをする際に出血が起こることもありません。軽度の歯周病になると、歯肉の色が赤くなり、歯磨きで出血することが増えます。重度にまで発展してしまうと、歯肉が紫がかった赤色に変わり、歯磨きの際には膿が出ることもあります。

歯周病を予防するためには、定期的に歯医者へ行きましょう。そして原因となる歯石を除去することが有効です。定期検診を受けることによって、万一歯周病が発見された場合にも、早期の段階で治療を受けることができます。

神奈川県大和市柳橋の歯科医院 こころ歯科大和クリニックではご希望者には歯周病にならないようブラッシングのご指導をさせていただいております。

PAGE TOP