大和市で歯医者をお探しなら、こころ歯科大和クリニック

ブログBLOG

歯周病と全身疾患について

2016.11.15

 

最近の医学では歯周病菌が、体の健康に深くかかわっていることがわかってきました。

歯は、歯茎の中の骨に生えていて、歯の中には神経や血管が張り巡らされています。歯の周りや歯茎にも、血管が張り巡らされています。つまり、心臓から程遠いとはいえ、心臓から送り届けられる血液が、歯や歯茎に届けられ、そこで歯周病菌が血管内に侵入し、心臓に戻るのです。そこからまた全身に歯周病菌が含まれた血液が全身を駆け巡るのです。

歯周病菌が増えると、血管の中に歯周病菌が侵入し、全身の様々な部位に悪影響を及ぼします。先ずは、糖尿病です。糖尿病の方は、歯周病を併発しているケースが多く見られます。それから、血液を介して心筋梗塞などの心疾患のリスクが高まります。

また、口の中の菌を飲み込んだ時に誤って消化器系である胃の方ではなく、呼吸器系の肺の方に歯周病菌が入り込んで、肺炎を起こす誤嚥性肺炎を引き起こす場合もあります。他にも、様々な全身疾患を引き起こす原因となりますので、歯周病や虫歯が無くても定期的に歯医者に通って、歯をきれいにするこが大切です。

神奈川県大和市柳橋の歯医者 こころ歯科大和クリニックでは、歯周病治療治療に取り組んでいます。歯周病を治し全身の健康を手に入れましょう!

PAGE TOP