大和市で歯医者をお探しなら、こころ歯科大和クリニック

ブログBLOG

8020運動について

2016.11.21

8020運動は80歳になっても20の歯を保とうという目標の元、健康な口内環境を維持しようと求める運動です。8020運動平成元年に当時の厚生省と日本歯科医師会が推進し始めた取り組みで、今では大和市を初めとした全国の歯医者に広まっています。
80歳になっても20本というのは、おいしくものを食べ健康的な食生活を送るのに、最低20本程度の自分の歯があると理想的だとする考え方から来た言葉です。生涯、自分の歯で食事を楽しめるようにとの願いを、わかりやすく表したのが8020運動なのです。
現実的に80歳まで、20本の歯を保たせることができるのかといえば、虫歯や歯周病にならなければ可能、なっても早期で治療できるなら可能といった答えになります。歯を抜かなければならないほど虫歯が進行してしまえばアウトですし、歯周病が進んで歯の骨が溶かされれば抜歯になってしまいます。もともと大人の歯は28本が基準です。20本残すとなると、失える歯はほとんどありませんから、なかなかの難易度です。
とはいえ歯磨きをしっかり行い、歯にとって理想的な食事と睡眠をとり続けた上で予防歯科にまめに通っていさえすれば、虫歯も歯周病も、歯を失うほどに進行させてしまうことにはなりません。大切なのは日ごろから歯に優しい生活を送ることです。
歯にとって理想的な生活は、そのまま体にとっても理想的な生活となります。健康的に長生きするための鍵は、良い歯を維持するための流れの中にあるのです。

大和市の歯医者 こころ歯科大和クリニックでは8020運動を行っています。

PAGE TOP