大和市で歯医者をお探しなら、こころ歯科大和クリニック

ブログBLOG

メタルコアとファイバーコアの違い

2016.11.26

コア(土台)の種類にメタルコアとファイバーコアがあります。どちらも神経をとった歯の中に装着する芯棒のようなものです。歯を補強し、虫歯で失われた歯質を補います。用途は一緒ですが、二つのコアにはそれぞれ違いがあります。今回はファイバーコアとメタルコアの違いについてご説明します。

メタルコアは歯科治療のなかでスタンダードな治療です。歯を削って型取りをして金属で製作します。この時よく使用される金属は加工がしやすい銀合金になります。メタルコアは硬いので歯を補強するのには適していますが、歯の柔軟性についていけないことがあります。歯がしなるのにメタルコアががんばってしまうと歯が負けて折れてしまうことがあります。また、金属の成分が溶け出し、歯や歯ぐきを黒く染めてしまうことがあります。

ファイバーコアはここ20年ほどで急速に需要が増えてきたコアです。グラスファイバーのピンとレジンでできています。メタルコアより歯を削る量が少なく、強度と柔軟性をあわせ持っています。また、金属成分を含まないため、金属アレルギーの心配や歯や歯ぐきを黒く染める心配もありません。メタルコアに比べ光を透過するため、セラミッククラウンなどの差し歯を入れても金属色が透けることはありません。

大和市の歯医者 こころ歯科大和クリニックではメタルコア、ファイバーコアを取り扱っています。

PAGE TOP