大和市で歯医者をお探しなら、こころ歯科大和クリニック

ブログBLOG

根尖病巣(こんせんびょうそう)の症状

2016.11.27

神経を取った歯なのに痛みや腫れが起こることがあります。よく見ると歯ぐきに小さい腫れがあったり、レントゲンで根の先が黒く写っている場合は歯根の内外にばい菌が侵入している可能性があります。根尖病巣と呼ばれますが、通常は痛みや腫れもなく経過することがほとんどです。しかし、ばい菌の勢力が増してきたり、体の免疫力の低下などで腫れや痛みを起こすことがあります。また、症状が無くても細菌感染は起こしていることには変わりありません。いつ腫れや痛みが出るかわかりません。飲み薬で治る病気でもありませんので、レントゲン等で発見された場合は早めに根管治療をすることをおすすめします。神奈川県大和柳橋の歯医者 こころ歯科大和クリニックでは根尖病巣の治療を行っています。

 

PAGE TOP