大和市で歯医者をお探しなら、こころ歯科大和クリニック

ブログBLOG

ファイバーコアとメタルコアの違い

2016.11.29

コア(土台)とは歯の内部に入れる芯棒のことです。虫歯などで神経を取った歯は強度が落ちてしまいます。そのまま使用すると割れて抜歯に至ることも。そこでコアを歯の内部に入れて補強するのです。

コアで補強した後は被せ物(クラウン)等でさらに覆ってしまうため、皆さんはコア自体をあまり見る機会はないと思います。

コアは大きく分けてメタルコア、レジンコア、ファイバーコアの三種類に分けられます。メタルコアは金属を溶かして鋳造技術で製作するもっともポピュラーなコアです。レジンコアは金属のピンとレジン(プラスチック)で作ります。ファイバーコアはグラスファイバー(ガラス繊維)のピンとレジンで作ります。

メタルコアは金属製ですので硬いのが特徴です。ただし、歯のしなりについてこられない場合があり、歯が負けて破折してしまうことがあります。また、金属が溶け出して歯ぐきを黒く染めてしまうことも欠点の一つです。ファイバーコアは柔軟性があり強度も兼ね備えていますので、破折から歯を守ります。歯の色に近いため金属を使用しないジルコニアセラミッククラウンなどのコアとしても最適です。

歯が破折してしまった場合、そこからばい菌が侵入してしまうため、抜歯にいたるケースが少なくありません。コアは一度装着すると取り替えないのがほとんどです。

大和市の歯医者 こころ歯科大和クリニックでは歯に優しいファイバーコアをおすすめしています。

PAGE TOP