大和市で歯医者をお探しなら、こころ歯科大和クリニック

ブログBLOG

金属床(しょう)義歯とは

2016.12.02

総入れ歯や部分入れ歯でフレームに金属を使用している入れ歯を金属床義歯といいます。通常入れ歯はレジン(プラスチック)で作りますが、金属床義歯はその大部分を金属で製作します。金属はレジンに比べ強度が高いため薄くすることができ(レジンの1/4~1/5)、その分違和感が少なく快適になります。また、入れ歯自体のたわみも減りますのでよく咬めるようになります。部分入れ歯ではクラスプ(金属の金具)の形も自由に選択できるため、用途に合わせた設計が可能となります。

また、金属は熱伝導性が高いためレジン床では感じ取れなかった温度感覚にも優れます。熱いものや冷たいものがすぐに感じやすくなるのです。これは熱いお味噌汁や冷たいお水などもおいしく感じやすくなります。

金属床義歯は保険適用外の治療になります。

大和市の歯医者 こころ歯科大和クリニックではさまざまな金属床義歯を扱っております。ぜひご相談ください。

PAGE TOP