大和市で歯医者をお探しなら、こころ歯科大和クリニック

ブログBLOG

ジルコニアセラミッククラウンとは

2016.12.05

ジルコニアセラミッククラウンとは、人工ダイヤモンドに似たジルコニアフレームにセラミック(陶器)を焼き付けた差し歯です。近年、メタルボンドクラウンに変わる美しい差し歯として、注目を浴びています。それではジルコニアセラミッククラウンのメリット、デメリットをご紹介します。

メリットは何と言ってもその自然な美しさと強度でしょう。ジルコニアは強度が高く、メタルボンドクラウンで使用されていた金属フレームが不要になります。金属フレームは光を通さないので色彩の面では歯のように白いジルコニアセラミッククラウンに軍配が上がります。また、負担がかかるブリッジなどの差し歯にも適応しますし、金属アレルギーの心配もありません。

デメリットはこれといってありませんが、被せる歯の高さがあまりなく、破損や脱離などが予想される場合は、金属製のクラウンをおすすめする場合があります。

ジルコニアセラミッククラウンは保険適用外の治療となります。通常治療回数は2~4回ほどです。大和市の歯医者 こころ歯科大和クリニックでは2種類のジルコニアセラミッククラウンをご用意しています。

 

PAGE TOP