大和市で歯医者をお探しなら、こころ歯科大和クリニック

ブログBLOG

メタルボンドクラウンとは

2016.12.05

メタルボンドクラウン(白い差し歯)は古くからの歴史があり、今でも多くの歯科医院で治療が行われている信頼された治療方法です。今回は、メタルボンドクラウンの特徴について、メリットとデメリットをご紹介いたします。

メタルボンドクラウンは、金属でできたフレームの表面にセラミック(陶器)を焼き付けたものです。中身が金属であることから強度が高く、表面はセラミックであるため見た目も美しいという魅力的な差し歯です。さらに、セラミックは経年的な色の変化が少ないため、装着した当時の色で輝き続けます。また、硬く滑沢であるため傷や汚れが付着しにくく、虫歯や歯周病から歯や歯茎をまもります。

強度の高さや、周りの歯と馴染みやすい見た目の美しさというメリットだけではなく、型取りをして装着するだけなので、通常早ければ二回~四回の治療で出来上がるというスピードも魅力です。

デメリットとしては、金属を使用していることで、金属アレルギーを持っている方の使用は避けた方がよい場合があります。また、近年では金属を一切使用しないジルコニアセラミッククラウンが一般的になりつつあります。金属を使用するのとしないものでは光の透過率が変わるため、さらに美しい自然な歯の色を再現する場合はジルコニアセラミッククラウンをおすすめします。

メタルボンドクラウンは保険適用ではありませんので、費用は価格表をご覧ください。

大和市の歯医者 こころ歯科大和クリニックではメタルボンドクラウンの治療にも力を入れております。美しい差し歯をお望みの方はご相談ください。

PAGE TOP