大和市で歯医者をお探しなら、こころ歯科大和クリニック

ブログBLOG

レジン床義歯とは

2016.12.06

レジンというプラスチックで製作された入れ歯をレジン床(しょう)義歯といいます。皆さんが入れ歯といって思い浮かべるのはほぼこれにあたると思われます。実際、こころ歯科大和クリニックでも8割の患者様はこのレジン床義歯で治療を行っています。

レジンのメリットはプラスチックですので、加工がしやすいのが特徴です。患者様の顎(あご)の形はお一人お一人違います。その複雑な形にフィットできるのもこのレジンおかげです。また、入れ歯が合わなくなってきても、歯ぐきにあたる面にあたらしいレジンを足して再度ピッタリに合わせる修理も容易に行えます。また、費用も保険適用です。

デメリットはプラスチックですので、経年的な劣化は避けられないこと。強度が弱く、厚く作らないと割れてしまうためお口の中に入れ歯を入れたときの違和感が大きくなることがあることでしょう。

大和市の歯医者 こころ歯科大和クリニックではレジン床義歯はもちろん、レジン部分を大幅に少なくした金属床義歯も取り扱っています。

PAGE TOP