大和市で歯医者をお探しなら、こころ歯科大和クリニック

ブログBLOG

ノンクラスプデンチャーとは

2016.12.10

金具の見えない部分入れ歯がノンクラスプデンチャーです。

部分入れ歯のお悩みとして上位に上がるものに「見た目」を訴える方が多くいらっしゃいます。通常部分入れ歯を作る場合、残った歯に金属製(銀色)の金具を引っかけて固定します。

金具が奥歯であれば見えづらいものですが、前歯に近いところですとかなり目立ちます。わかる方からすれば部分入れ歯を装着していることに気づかれてしまいます。
 ノンクラスプデンチャーは金具の部分を歯ぐきと同じ色のレジンに置き換えてあるため、ぱっと見ても入れ歯とは分かりません。通常の歯に溶け込んだような雰囲気ですので、入れ歯を入れていることを他人に気づかれにくいのが特徴です。

大和市の歯医者 こころ歯科大和クリニックではノンクラスプデンチャーの治療を行っています。気になる方はお問い合わせください。
 

PAGE TOP