大和市で歯医者をお探しなら、こころ歯科大和クリニック

ブログBLOG

金具が見えないお洒落な部分入れ歯って?(ノンクラスプデンチャー)

2017.01.14

 

院長です。

本日は当クリニックでご提供しているノンクラスプデンチャー(金具の見えないお洒落な入れ歯)をご紹介します。最近、部分入れ歯の金属金具が目立って気になるという方がこころ歯科大和クリニックに数多くいらっしゃいます。インプラントはちょっと怖くて嫌なんだけど、でも入れ歯もねぇ・・・お伺いすると特にお若い方は金属金具が見えることに抵抗があるようです。そんな金属金具が見えないノンクラスプデンチャーのご希望が最近急増しています。

019

これは一般的な保険の部分入れ歯です。金具がギラギラ目立っていますね。保険治療ではこのタイプの金属金具付入れ歯が基本となります。

018

保険の部分入れ歯はこのように、残った歯に金具をかけて入れ歯を安定させます。

025

入れ歯を外すとこのような感じです。保険義歯に使用できる素材(プラスチック部分)は低強度なので、その分厚く内側に張り出し広範囲に(咬んだ力を分散させ割れないようにするため)歯ぐきを覆いますのでもちろん違和感も増大します。

 

014

こちらは自費のノンクラスプデンチャー(下顎)です。歯の欠損により様々なタイプがあります。金属金具が見えないのできれいですね。金具の部分は歯ぐきと同じ色のプラスチックに置き換えてあります。模型は白色ですが実際は歯ぐきと同化しますのでわかりません。

022

模型から外してみるとこのような状態になります。金属は見えません。ただし、この写真には写っていませんが、レストといって、強度と入れ歯の沈下を防ぐため見えにくい部位に一部金属を使用します。

016

015

前から見るとこのように見えます。見本模型は白色ですが、実際は歯ぐきの色と同化しますので入れ歯を入れていることに気づかれません。

 

さらに、審美性と強度、機能性(よく咬める)を両立したノンクラスプタイプの金属床(きんぞくしょう)義歯もこころ歯科大和クリニックでは人気です。

011

表側には金具が見えません。

012

裏側は金属ですが見えない部分です。金属は薄く(保険入れ歯の1/4~1/5の厚み)軽くできますので違和感が少なく装着感が良いのと、義歯自体の強度があり歪みが少ないため力を入れてよく咬めます。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ノンクラスプデンチャーとは部分入れ歯には必ず付属するあの銀色の金具がない入れ歯です。最近では素材も進化し、強度も高く長持ちする素材も出てきましたが、やはり金属金具の強度にはかないませんので、使用状況によっては破損などのトラブルもおこります。また、ノンクラスプデンチャーは保険治療では製作できません当クリニックでは98.000円~(税別)さらに症例により+ご費用がかかります。

ただし、審美性は素晴らしく良いものですので、お洒落を気にする方にはおすすめの部分入れ歯です。折角お洒落をしても、笑った歯にギラギラの金属が見えていたらどうでしょう。もちろん全く気にならない方もいらっしゃいますので、この辺りはお好みになりますが・・・

神奈川県大和市柳橋の歯医者 こころ歯科大和クリニックでは金属金具が見えない部分入れ歯に力を入れています。ノンクラスプデンチャーのお値段は価格表をごらんください。

PAGE TOP