大和市で歯医者をお探しなら、こころ歯科大和クリニック

ブログBLOG

子どもの仕上げ磨き

2017.02.02

院長です。

 

お子様の仕上げ磨きはいつまでしていますか?

ほとんどの方にお伺いすると小学校1.2年生でやめてしまうそうです。

確かに、小学生になれば歯を磨く理由も理解できるようになりますし、実際自分で磨くこともできます。

 

ただし、しっかり磨けていればですが。

 

クリニックに通っていらっしゃるお子様を拝見すると、自分で磨くだけの場合、かなりの割合では歯垢が残っています。

磨けているお子さまは仕上げ磨きをしているお子様です。

 

では、何歳まで仕上げ磨きを続ければよいのでしょうか?

私の考えでは中学性までだと思います。

「え~中学生って大人でしょ。自分できちんと磨けるのは当然。そんな暇ないわよ」と思われている方が大半です。さらに、お子様本人も仕上げ磨きを嫌がります。

 

もちろん、中学生でも毎日の仕上げ磨きは必要ありません。普段は本人に磨いてもらい、週一度は仕上げ磨きをしてあげてください。

中学生はまだ、乳歯と永久歯が混在した複雑(汚れがたまりやすい)なかみ合わせの状態です。生えている永久歯も軟弱で簡単に虫歯になってしまいます。またこの年齢になれば親の目の届かない場所での飲食も増えるでしょう。仕上げ磨きをすることによって、汚れのたまりやすい部位も発見できます。

 

14.5歳で虫歯もない歯を手に入れ、80歳まで生きれば50年以上自分の歯でしっかりと噛むことができます。また、虫歯や歯周病、矯正治療の必要性も少なくなりますので、時間と費用の節約になります。人間は歯が生えている間は毎日磨かないといけません。お子様も自分の歯とこれから長いお付き合いが始まります。中学生の仕上げ磨きはその最後のアシストだと思ってください。

 

神奈川県大和市柳橋の歯医者 こころ歯科大和クリニックではお子様の歯磨き指導も行っています。

 

PAGE TOP