大和市で歯医者をお探しなら、こころ歯科大和クリニック

ブログBLOG

歯周病と全身疾患について

2016.11.15

  最近の医学では歯周病菌が、体の健康に深くかかわっていることがわかってきました。 歯は、歯茎の中の骨に生えていて、歯の中には神経や血管が張り巡らされています。歯の周りや歯茎にも、血管が張り巡らされています。つまり、心臓から程遠いとはいえ、心臓から送り届けられる血液が、歯や歯茎に届けら...

READ MORE...

歯周病の進行度について

2016.11.15

歯周病には進行具合によりそのランク付けがされています。正常の歯周ポケットは2~3ミリといわれています。これより深いポケットは歯周病となり、治療が必要となってきます。軽度の歯周病では、歯磨きの際に出血するといった自覚症状が現れる場合があり健康な状態と比較すると歯茎の腫を伴う場合もあります。この段階であ...

READ MORE...

歯周病の治し方

2016.11.14

国民の8割以上が罹患している歯周病。昔は歯槽膿漏といいましたがそれだけ昔から蔓延している病気なのです。歯周病の治療方法ははっきり言って「歯磨き」をきちんとする以外はありません。これはどの歯医者でも同じように思っています。確かに歯医者で歯石をとったり、歯ぐきの手術をしたりして一時的には改善するでしょう...

READ MORE...

歯周病とは

2016.11.13

歯周病とは、歯垢など栄養素が原因で細菌が蓄積され、それが原因で歯ぐきが腫れたりする病気のことです。昔は歯槽膿漏と呼ばれることもありました。歯周病が進行すると歯槽骨が溶けてしまい、やがて歯が抜けてしまったり、抜歯が必要な状態にまで追い込まれてしまいます。初期の段階では痛みなどを感じることはありませんが...

READ MORE...

むし歯ができるまで

2016.11.12

どうして虫歯になるの?ご存知でしょうか。放っておくと痛くなる虫歯が出来るメカニズムについてご紹介します。 口の中には、沢山の菌が存在していますが、その一つに虫歯菌があります。この虫歯菌が食べ物に含まれる糖分を栄養にして、細菌の塊を作ります。この細菌の塊が歯垢です。歯垢は、食べ物の糖分を栄養にして酸...

READ MORE...

むし歯の進行度について

2016.11.12

虫歯の進行には個人差がありますが、乳歯や生えたての永久歯は柔らかいので虫歯にかかりやすくなります。さらに歯の表層を覆っているエナメル質を通過して虫歯菌が侵入すると、一気に進行してしまう場合がります。虫歯には、段階があります。いきなり大きく悪いレベルになる訳でなく、1段階目や2段階目など進行度が存在す...

READ MORE...

なぜむし歯になるのか

2016.11.11

虫歯は古代から人を苦しめてきた不治の病?です。生まれたての赤ちゃんの口腔内には細菌がいません。その後成長するにつれさまざまな菌が入り込み口腔内菌叢が形成されます。その一つに虫歯菌があげられます。虫歯菌は人の口腔内に生息していますので人から人へ感染していきます。  ご飯や麺類、パンやじゃがいもなど...

READ MORE...

むし歯の治し方

2016.11.11

虫歯にカテゴリーがあるのをご存知ですか?専門用語で虫歯をC(カリエス)と表します。虫歯の程度をC0、C1、C2、C3、C4の5段階に分けそれぞれに応じた治療を行います。C0はエナメル質表層が少し荒れた(溶けた)初期虫歯です。この段階であれば徹底してブラッシングをすることにより、自然治癒することが多い...

READ MORE...

平成28年11月より日曜診療を終了いたします。

2016.10.15

平成28年11月より日曜日の診療を終了させていただきます。それにより、休診日は火曜、日曜、祝日となります。診療時間については変更はありません。ご不便をおかけしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

READ MORE...

19 / 19« 先頭...10...1516171819

PAGE TOP