大和市で歯医者をお探しなら、こころ歯科大和クリニック

院長・スタッフ紹介INTRODUCTION

院長紹介

院長
中原 元GEN NAKAHARA

歯に関してだけではなくお口の中のことで少しでも何か不安を感じたとき、一番最初に気軽に相談できる歯科医師でありたいと考えています。
そして、現在のお口の状況だけを見るのではなく、10年、20年先の状態を予測しながら今の治療を行うように心がけています。

略歴

  • 奥羽大学歯学部(1993年卒)
  • 奥羽大学歯学部歯科補綴科 助手
  • 東京都内歯科医院勤務
  • 東北地方歯科医院勤務
  • 2011年「こころ歯科大和クリニック」開業

所属団体

  • 日本歯科補綴学会
  • 日本老年歯科医学会
  • BPSデンチャー認定医
  • JPDA有床義歯学会
  • ドライマウス研究会認定医

趣味

  • ガーデニング・自転車・カメラ

院長 中原 元 GEN NAKAHARA

院長紹介

国家資格を持つ歯科医師と歯科衛生士が治療を行います。
患者様に安心して治療を受けていただけるよう、私たちは常に最新の医療を勉強しながら、医療の基本である「こころ」を大切にしています。お口の中のことで不安があるとき、まずはこころ歯科大和クリニックに相談してみようかなと思ってもらえる歯科医院でありたいと思います。

スタッフには保育士資格を持つ歯科助手も常勤していますので、歯科治療中に待合室でお子様のお預りをご希望の場合はお気軽にお問い合わせください。

当院がインプラントをやめて入れ歯に力をいれる理由

インプラントと義歯の研究からスタート

私は歯科大学を卒業後、大学病院で補綴科(入れ歯・差し歯専門)の助手をしていました。
研究内容は主にインプラントと義歯です。特にインプラントは新世代の歯として期待されていた時代で、全国の歯科大学でも盛んに患者さんにインプラント手術を行い、データ採取していた時代でした。

大学病院を退職後は、東京の歯科医院で勤務医として10年間勤めておりました。
このころになると都心部ではインプラント治療が当たり前となっており、インプラントを希望される患者様がとても多かったものです。しかし、体質的にインプラントができない患者様、インプラントをお望みにならない患者様もいらっしゃいましたので、特別な差し歯や特殊な義歯も数多く経験させていただきました。

訪問歯科診療との出会い

ちょうどそのころ、寝たきりであった大好きな祖母が亡くなりました。歯ぐきも痩せ義歯も使用することもできなくなってきた祖母に、歯科医師の自分は何もしてあげられませんでした。
「歯科医院での治療」は自分で歩き、自分で食べられる方を対象としています。
元々おばあちゃん子でお年寄りが好きだったこと、また自分の治療するインプラントや義歯のその後が気になっていたことなどもあり、自然に「訪問歯科診療」への興味が徐々に湧いてきました。
そんなある日、同級生が訪問歯科診療部門を立ち上げ歯科医師を募集しているということで、二つ返事で東京から東北の歯科医院へ向かいました。

しかし、覚悟はしていましたが想像以上に訪問歯科診療は大変でした。
治療内容は同じはずなのに、設備の整った歯科医院の中で行う治療とはまるで違います。
私は義歯の調整をはじめとして抜歯やかぶせ物など一般の歯科と同じ治療を行いましたが、訪問歯科では「口腔内清掃」が一番重要であることを知りました。歯に付着した歯垢には1㎎に1億個以上の細菌がいると言われています。口腔内細菌が血管を通って体全体を巡り、様々な病気の原因となります。口の中の清潔を保たなければ全身的な健康を送ることはできません。
日本人の死因は悪性新生物(がん)、脳血管疾患、心疾患が上位3つを占めますが、要介護者では1位肺炎33%、2位感染症19%、3位心不全と細菌性の疾患が多くなります。
特にインプラントを入れている患者様はインプラントと歯ぐきの境目から細菌が体内に侵入しやすいので念入りに清掃をしないといけません。
義歯は外して清掃できますが、自分の歯やインプラントは実際に歯みがきをしない限り清潔を保つのは不可能です。訪問歯科でも患者様の口腔清掃や指導を行いましたが週に一度しか訪問できません。口腔内を清潔に保つために清掃は毎日行わなければ意味がありませんので、普段はご家族や施設の方にお願いしますが、虫歯にならないインプラントの清掃についてはなかなか理解が得られず上手くできていないのが現状でした。
その後、ここ大和市で開業することになり、4年間行った訪問歯科診療をやめて開業いたしました。
訪問歯科では一般の歯科治療を行うだけではわからない色々なことを経験し、様々なことを考えました。

インプラント治療に思うこと

インプラント治療をしていた当時の私は、インプラントを入れた患者様の10年後、20年後、30年後の生活を想いながら治療はしていませんでした。というより、新しい治療方法だったので想像できませんでした。
50歳でインプラントを入れた患者様は10年後に60歳、20年後に70歳、30年後には80歳です。
もしかしたら・・・「認知症」になっているかもしれないし、「寝たきり状態」になっているかもしれないし、「四肢が不自由」になり、思うような動きができないかもしれません。

また、健康体であってもインプラントは老化に伴う生体変化に適応しにくいという特徴もあります。
一般的な入れ歯は全国どこの歯科医院でも対処が可能ですが、インプラントは様々なメーカーがあり、それぞれに独自のシステムがあるため他メーカーのインプラントを扱えない場合があります。
引越などで医院を変わったときも同様の可能性があります。
さらにインプラントがひどい感染などを起こしてしまった場合、最悪撤去しなければなりません。
しかし、高齢者の中には持病や飲んでいる薬、また体力的な関係から、除去手術をするのも困難になってしまう場合もあります。

冒頭にも述べましたが、私はインプラントを完全否定していません。
現在でもインプラントの方が適していると思われる患者様には、きちんと義歯との違いを説明してインプラントをおすすめすることもあります。もちろん当医院では治療できないので、他医院にご相談いただく形になってしまいますが。

しかし、インプラントの研究や実際のインプラント治療、そして訪問歯科を経験したことで、私はもともと専門であった義歯に力を入れることを決めました。
当たり前すぎて、あまり注目されない義歯治療ですが、実は昔と比べて格段に進化しています。

インプラントは怖いから義歯がいいという患者様、病気のために義歯しか選べない患者様、お口の状態から義歯の方が適していると思われる患者様に、より良い義歯を作って差し上げたい。
義歯は基本的に取り扱いが面倒なものですし、インプラントのように自分の歯と同様の強さで噛むこともできません。
が、義歯も昔に比べ材質も技術も進化し、患者様のご要望によって様々な治療方法を選ぶことができる時代になりました。
昔から当たり前のようにある義歯治療ですが、多くの義歯の種類の中から、患者様それぞれのお口の状態に最適と思われる義歯を選び、型取りや設計、かみ合わせの調整、歯科技工士との連携など複雑な段階を経て初めて一つの義歯が形となります。出来上がった義歯は使用しながら、さらに経験と知識が必要な調整を行い最終的な義歯の完成となります。
専門であり、好きである義歯治療を今後もさらに勉強して、一人でも多くの患者様に少しでもより良い義歯を選んで差し上げたい。これからも様々な義歯にお応えできるよう、基本をまもりながら新しい技術や知識を積極的に導入していきたいと思います。

PAGE TOP